持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGs 達成に向けたフジ機工の取り組み

環境への取り組み

  1. 環境に配慮した省電力・省資源の取り組み
  2. LED照明の採用による使用電力の削減
 
 

平等な社会へ(ジェンダーと多様性)

1. ジェンダー平等を達成し、女性の能力強化を推進
2. 育児休業取得等をすべての社員が制度の活用推進

 
 

ガバナンスへの取り組み

1. 国際規格(ISO9001およびJISQ9100)への準拠
2. 各種法規制の適切な順守
3. 取引先との健全なパートナーシップの構築

従業員の働き方改革と健康推進

1. 健康経営宣言の制定
  ①健康診断の結果より、自分の生活習慣を見直し改善する
   ・正しい知識をもとに、健診結果を理解する
   ・異常結果は、積極的に産業医や医療機関で相談する
  ②健康講習会、教育、イベントなどに積極的に参加する
  ③年に一度の外部企業の診断によるメンタルヘルス調査、ハラスメントチェック
2. 健全かつ安心な労使関係
3. 社員が能力を発揮できる人事制度、人材育成

技術革新を通じた社会発展への貢献

1. 産業ロボット・工作機械を用いて各種産業への貢献
2. 既存技術の強みを活かし、航空事業への新事業の開拓
3. ものづくり企業を対象とした「企業」の認定
4. 多くの会社と協力し産業・技術革新を推進

地域との共生、教育

  1. 定期的な地域環境美化活動を実施
  2. 地域交流イベントへの積極的な参画
  3. 地元教育機関からの職場見学・職場体験の受け入れ
  4. 地域文化活動への支援(地域事業への参加、学生の受け入れ)